コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL):

1行紹介

山村過疎地の小中学校同級生の絆を結ぶ、「同窓通信」発行編集長で~す

自己紹介文

紀伊半島南端地域の山村の小中学校を1956年に卒業した同級生39人いる。1990年に開いた同窓会を機に全員の消息を探り当てた。ほとんどは近畿圏が中心だったが遠くは東京、静岡在住などもあった。それ以来、ご互いの親交を深め、近況を交歓し、励ましあって「老後」にむかうために、同窓生通信「はしらまつ」を発行しはじめた。2005年末に37号となる。30号まではB4版で少ないときで2面建て、多いときは6面建てのときもある。31号からパソコン製となりA4版でだいたい4面から8面建ての発行である。
 発行はクラス会で特に決めたわけでもなく、機関紙の発行という趣味もあったのでなんとなく発行し始めると、大変な好評だったので16年目に入る今も年に2回はがんばって発行している。従って自称「はしらまつ編集長」で「終身編集長」でもありまする。現在、卒業時の39人から3人が無念の死亡。2人がその後ふたたび消息不明になったのが残念である。担任の教師や関係者も含めて読者総数は39人である。
 2003年からHPもはじめたが、プロパイダの都合でHPサイトが06年5月末で中止になる。「トホホホ…どうしよう」というわけで挑戦したのが当ブログだ。「はしらまつ」会員はじめ、関係者、山村の出身者等、多くの皆さんのアクセスを期待します。HPよりも簡単に更新できそうなので少なくとも週間単位で更新めざし頑張るので良かったときは「いいぞ」と。「クソ面白くない」ときは怒りのメール」など待ってるぞう~。
 以上、プロフィールというかブログ開設の弁は終了。
(写真の花はふるさとで栽培され評判になっているキイジョウロウホトトギスの花です)

興味のあること

将棋、機関紙編集、プロ野球ファン、政治、社会問題、世界平和