« 格差社会と貧困の広がりは深刻だ | トップページ | 規制緩和による儲けの手口 »

2006年7月19日 (水)

連続児童殺害事件、警察が批判されて当然

 秋田県の小学生1年男児殺害事件で例の女が今度は自分の娘殺害の容疑で再逮捕された。週刊誌などが早くから匂わせていたが、普通の常識人なら理解するのが難解なほど「なぜ?」がいっぱいの殺害動機だ。「疎ましくなって」橋から突き落としただの、「ダダをこねたので」だの、「東京へ行くので邪魔に」など転々とする供述。娘のことは警察も「事件でなく事故」といっているのに、わざわざ2件目の男児殺害をして目立つようなことをする疑問。とにかく常識では理解しがたい犯罪だ。

 それにしても警察の捜査の甘さ、初動ミスが各紙とも社説等で批判している。「母親の凶行を見逃した甘い捜査」(読売社説)「甘い捜査が悲劇を生んだ」(産経社説)「初動捜査で迷走」(毎日―特集)「『事故』判断が早すぎた」(朝日社説)とみ~んなそろって批判的だ。それは当然だろうなあ。テレビのワイドショーなどで、警察が事故とした「すべり落ちた地点」から遺体発見現場までの川の流れ、距離や、遺体の状況からも疑問視されたのはテレビを見ているほうからしてもおかしいナと思った。昨日の警察の会見では「ミスとは認めない釈明」であり納得しがたいものがある。初動捜査は「事故」と前提して甘い捜査体制で、警察犬をうのみにしたようなものだ。いずれにしても娘の「事故」を綿密に捜査していれば、次の男児の事件が起きなかったことは容易に推測できるってワケだ。警察が批判されて当然だ。警察も高度な捜査技術をもった人が不足しているという。よく、ドラマなんかに出てくる階級は下でも粘り強く歩いて犯人を突き止めるようなイキな実践型ベテラン刑事がいない。いないというより養成していないという意味の専門家の指摘もテレビで登場していたがそうかも知れないなと思う。

 それにしても、テレビで執拗にいつまでも報道するのってもうイヤケがさすよね。あの女の顔が画面に出てきただけでも悪寒がしてチャンネルチェンジだ。最近は放火による殺人事件なども多いが、これなんかも奈良県の事件などは長らく放送していたが、すると模倣する事件も起こっている。社会がルールなき資本主義、弱肉強食の時代だからなのか、すさんだ凶悪事件が多すぎると眉をひそめる今日この頃です。

|

« 格差社会と貧困の広がりは深刻だ | トップページ | 規制緩和による儲けの手口 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86970/2719592

この記事へのトラックバック一覧です: 連続児童殺害事件、警察が批判されて当然:

« 格差社会と貧困の広がりは深刻だ | トップページ | 規制緩和による儲けの手口 »