« 改憲派の「読売」調査でも護憲の世論が上回る | トップページ | 似た者同士の党首討論で見えてきたものは »

2008年4月10日 (木)

「長寿医療制度」に全国で高齢者の悲鳴が殺到

 「長寿ストップ医療制度」・・・(てんてんてん=ごめん、これはわたし流呼び名)本名は「後期高齢者医療制度」だけど。ややこしいわなあ4月1日から「長寿医療制度」という名前に変ったとか、いやそれは「あだ名」「ペンネーム」だと姦しい。今日当たりの新聞では、地方のある自治体では「当地では『75歳以上医療制度』と呼ぶことにした」とある。どれやねん、正式名称は…。まあ、福田首相が「ネーミングが悪い」と言った「後期高齢者医療制度」というのをここでは正式名称とする。これに対してニュースで75歳以上の高齢者から一昨日も昨日も今日も悲鳴が上がっている。なにはともあれ基本的な制度に入る以前の問題で、4月1日から後期高齢者の対象者は現実に保険証自体が変った。だとしたら、新しい保険証がないと病院に行けないのだ。その保険証が4月1日までに届いていないという人が全国あちこちで大量に起きているというのである。そればかりか保険料をまちがって通知したというのまであって大混乱している。保険証は地方自治体から発送されるが、それが配達されないで返送されてきたのがどこでも数%程度あるようだ。約1200万の対象で1%でもあれば12万人になる勘定だ。そのわけは住所の変更、宛所に尋ね当らないというのが主だろが、実在していても配達されない例もあるとか、届いていても「ダイレクトメールだと思って廃棄したとか」、「貧弱な紙だからこれが保険証とは知らなかった」「大事だから保管したがどこに保管したかわからない」とか、自治体によっては保険証の大きさを従来のものはハガキ大だったが今回から名刺型のカード式にされて、小さすぎて行方不明になった…ETC。これらの理由の大半は、差し出す相手が75歳以上の方だという高齢者の立場に立つ思想に欠けた、国や地方自治体の配慮のなさが大きな要因だと思う。だいたい、3月末に届くようにする時系列自体が遅い。75歳以上の当事者でさえそういう新体系になるということが徹底されていないのだ。「突然何かわからん保険証が送られてきた」という人もいるようだ。たしかに町内会を通じてのお知らせは2月にあった。しかし、町内会に加入していない高齢者には配布されない。大半は配布されるが、それは県や市町村の会報など何枚もの印刷物に混じっているし、家族で見た人がいたとしても該当する75歳以上のお年寄りに説明できて納得してもらった人は何人いるだろうか。それも小さな字で国や地方自治体特有の分かりにくい言葉が多い。対象者にとって不都合なことは書かれていない。そもそも国がこの制度を決めた理由に「75歳以上は“病気がちで、認知症が多く、いずれ死を迎える”」というのならば、それにふさわしい保険証の送付や説明の仕方があるだろう。配達は配達記録証明付で封書には「保険証在中」もしくは「重要」と大書する、保険証は大きく丈夫な様式で、字も大きく目立つものにする、なんてことは当然ではないか。そんな知恵も働かないような国交省の連中が地方自治体に向けて「国が決めたことじゃあ、おまえらちゃあ~んとせい」とばかりに上意下達で指導しているのだろう。「制度の本質がバレナイようにする舛添流『がんばり大臣』のやり方だろう。最後に重要なことを一つ紹介だ。たとえば夫が75歳以上で健康保険の本人で、妻が74歳以下で扶養家族の場合は要注意だ。この例では夫婦は「別居」させられ、夫には「後期被保険者証」が届いて、妻は扶養家族ではなくなるが、その通知は何も来ない。放っておいて手続きしないと「無保険」者となるからやばい。今まで通り夫の保険証を持って病院へ行っても通用しない。この場合、妻が新しく国保に入らねばならないが自分で手続きしないといけない。その際、妻の保険料が新たに必要となるが、申請すれば2年間は軽減されるので申し出ることが大事。引用例で妻と夫が逆でも同じで、要するに夫婦のどちらかが75歳以上で片方が74歳以下で65歳以上の扶養家族になっている保険の人が対象だ。そういう人がいれば教えてあげてね。

|

« 改憲派の「読売」調査でも護憲の世論が上回る | トップページ | 似た者同士の党首討論で見えてきたものは »