« 外国首脳が大勢来て3億7千万円ムダ使いされた? | トップページ | 島国の日本で漁業が存亡の危機なのだって »

2008年7月12日 (土)

大分県の「偽装」センセイたちに告ぐ!

 食品の偽装、コンクリート偽装、偽装請負やらと偽装ばやりのなかで、今度は学校の先生の偽装か?大分県の教員採用汚職は大掛かりで組織的な様相だ。言ってみればわが子の成績では教員採用試験に合格できないと分かっているから、百万円単位の商品券やなど金品を配って合格をお願いする。受け取った教育委員会の上層部が採用試験を改ざんして、頼まれた受験者の点数を合格ラインまで引き上げ、よく出来た人でも金品の持参のない人の点数は不合格ラインまで下げる…。本来、採用試験にさえ合格できないような人を「センセイ」に採用し、合格したはずの人を故意に下ろすのだから、まさに「偽装のセンセイ」ではないか。こんなあきれたことが大分県で行われていた。大分県でやれることはその他の都道府県でもありうると言うことではないか。しかも、小学校の教員採用試験だけでなく、中学校の先生もあり、校長や教頭への昇進に際しても汚職があり、複数の県会議員がそのための口利きをしているということも報道されている。また、教職員組合の関与の可能性もあるというから、本当だとしたら、なんともおぞましい前近代的というか封建時代の悪徳代官みたいなことではないか。教師とはいわば日本の未来をになう子どもたちをすこやかに育てるという「聖職」なのだ。偽装で採用された先生は、学校のテストでも金品を持参してくる父兄の子どもの点数は偽装して「いい点」に改ざんするのだろうか。もし、子どもたちから成績が悪いのを親に叱られないように「センセイも改ざんしてもらったんだから、私の点数も増やしてョ」って頼まれたらどうするのだろうか。そんなことをしてもその子にとって成長となるだろうか。市や町の職員も公務員であり、不正採用は絶対にあってはならないことだが、学校の先生というのは「聖職」と言う点からも天に誓って防がねばならないものだ。「聖職」とは言っても最近のセンセイの一部には教え子への陰湿ないじめやセクハラなんてのもよく聞くから、「聖職」ならぬ「性職」になる場合もあるのかもしれない。確か、安倍内閣のときだったか、教育基本法が改悪されると言うことで問題になった。そのとき、文部科学省が各所で「やらせ」のタウンミーティングというのをやって大問題になった。その一つに大分県でもやったそうである。国からしてそういう「やらせ」をやるのだから、地方の教育界が腐敗するのは無理からぬことである。こういう不正な贈収賄をやったヤカラと、腐敗組織の最高幹部らは厳重な処分が必要である。懲戒免職なんて当然であるしきちんとした刑事罰をするべきだ。厳正な処分がおこなわれるかどうか全国的に注目する必要がある。報道では採用試験用紙もすでに処分してしまったので、証拠がないとか言っている。証拠隠滅までしたのか。だとしたら、不正採用された本人は、金品を渡しているのだから明確だ。「自分から名乗り出よ」と言いたい。そして不正に不合格された人の名誉も完全に補償するべきだ。県教育長の会見なんかテレビで見てもほんとにまじめに解明する気があるのか全く疑わしいと言っておこう。

|

« 外国首脳が大勢来て3億7千万円ムダ使いされた? | トップページ | 島国の日本で漁業が存亡の危機なのだって »