« セレブな総裁候補らは生活苦にあえぐ6割の庶民を理解できるか | トップページ | 毒入り米を必死でセールスする腐敗農水省 »

2008年9月17日 (水)

バクチ資本主義の末期症状と総裁候補の暴言

アメリカのリーマンブラザースという大手証券会社が破たんし世界の金持ちどもを慌てさせている。日ごろ株などに縁のないわたしらには「そうら、バクチ資本主義の末期状態じゃあノウ」と、福田さんじゃあないけど「人ごと」でニュースを見てるわけ。それでもよくわかんない経済構造ではある。リーマンは米国証券会社第4位。今回の倒産で負債は日本円で60兆円とわが国の予算額に近い巨額である。米国では証券3位のメリルリンチは大手銀行に買収され、保険トップのAIGもガタついており、日本にも大きなシェアをもつAIU保険やアリコジャパンなどの格付けも下がっているらしい。こうした米金融界の激動はアメリカ史上最大の規模とも言われる。なぜそうなったのか?もともとはサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅ローン)の破たんである。住宅を購入する資力のない層向けに、初めは返済額の低いローンを組んで、時と共に返済額が増大する仕組みだから破たんするのは当たり前だ。「悪魔の知恵」と呼ばれるやり方で低所得層を巻き込んだシステム。ローンの焦げ付きを証券化し投機の対照にしたのがリーマンであった。だれもほんとうの価値が分からない金融商品を世界にばら撒いて、荒稼ぎした挙句にバブル崩壊で倒産した。言ってみればバクチ資本主義というか、投機、投機で世界から金をあつめ負債の穴埋めを目論んだが失敗した。当然、公的資金の投入も拒否された。こうして、途方にくれる低所得者層はいっそう貧困化し、一部の投資家はそれを活用して大儲けをしているだろう。しかも、政府による規制緩和と金融緩和によるルールもモラルもない新自由主義路線で巨大金融資本をぼろ儲けさせようとした仕掛けが破たんしたものである。こうして新自由主義的手法のなかでもがいても何も解決の手段は見えてこない。それよりも世界に与えた影響をアメリカは反省するべきである。米国は保険業トップのAIGについては中央銀行が日本円で9兆円投入し一時しのぎをするらしい。だが、例えば日本では株価の乱高下や、輸出企業は円高による目減りを理由に、労働者のリストラや賃金抑制を行う可能性もあるから株をやっていない人まで影響を受ける。軍事でも経済でもなんでもアメリカいいなりの日本だからそういうことになる。景気後退局面にある日本経済に及ぼす影響も大きいが総裁選のため国会も空白である。福田首相は「影響はむしろ少ない方だ」と相変わらず「人ごと」である。総裁選に立候補している与謝野経済財政相は、「遊説などやっている状況でないなら、進んで遊説日程を放棄すべきだ」というが、与党のなかに「各候補がしっかり問題を捉え切れていない」との批判もでている。危機の連鎖が起こる可能性があるなかで、政治が空白というのは情けない話である。リーマンの破たんだけではない。例の汚染米の事件だけでも国で討議する必要があるのに、まだ、首相の任期が残っている例の首相の「人ごと」ぶりは情けない。

        所詮はボンボン、麻生氏の非礼ぶり

総裁選最有力と言われる麻生氏が14日名古屋駅前で街頭演説した。そのなかで「岡崎の豪雨は一時間に140ミリだった。安城(市)や岡崎だったからいいけど、名古屋で同じことが起きたらこの辺、全部洪水よ」と演説。岡崎市は8月28日から29日にかけて記録的な集中豪雨で死者2人、床上・床下浸水2916件という被害を出した。いま復旧に懸命なときなのに、岡崎だったらからいいけどなんて言われたらどんな気分だろう。岡崎市も安城市も抗議文を郵送している。麻生氏は爺さんに吉田茂元首相含む5世議員ゆえか、ごう慢さこのうえない。国民の生活、生命なんてどうでも良いと日ごろから思っているから、無造作にこういう言葉が飛び出すのだろう。国民の苦労など微塵も感じない金持ちのボンボンだ。こんな人が総理になれば日本国民も哀れだねエ。

|

« セレブな総裁候補らは生活苦にあえぐ6割の庶民を理解できるか | トップページ | 毒入り米を必死でセールスする腐敗農水省 »