« 「酩酊」大臣とともに日本経済も“墜落” | トップページ | 中川騒動の影でクリントン訪日はブッシュより悪 »

2009年2月18日 (水)

宮中晩餐会でも深酒でトラブル…中川氏の酒暦に唖然

Photo

 「もうろう会見」の中川前財務相関係の本日付新聞の見出しの一部を列挙する。「批判噴出読めず」「危機管理欠く官邸『麻生離れ』に拍車」「政権担当能力を喪失」「続投 一夜で急転」「会見前、記者と飲食」「やはり麻生政権は末期的だ」「(海外でも)日本の無力ぶり暗示」「本予算審議中、戦後初の辞任」「あきれた醜態」「懲りない酒癖」「過去に失態の数々」「政調会長時代 千鳥足で会談遅刻も」「有権者ら『恥ずかしい』」「首相の責任免れない」「最低限の政治道徳さえ失った自民党政治の姿」「辞任の中川氏 タカ派と酒歴」「世論総スカン」「世界に恥」「(酒癖は)地元では有名」「危機意識ゼロ首相も かばったその夜 料亭にバー」「社会常識なし」「麻生降ろし公然化」「各国も報道「サケ・プロブレム(酒問題)」「国際的な大恥」「首相の統治能力問われる」「自民『お先真っ暗』」「選挙戦えぬ…いらだち」「支援者ら『地元の恥』『無念だ』」――以上は手元にある3紙から拾った見出しである。もちろん、「中川財務相が辞任」など共通の大見出しは省略してのことである。(赤字は直接「酒」関係)これ以上ないというほど最大級の見出しが躍るし、見出し読みだけで事態の重大さ、国際的反響、麻生内閣の無能さ、そして酒癖の悪さまで分かるほどだ。テレビはいちいち覚えてないけど、一番印象に残ったのは、後任に決まった与謝野馨氏の記者会見である。「時差ぼけの調整をうまくやれなかったのではないか」と言ったあと一瞬、間をおいて記者団を見回し、「笑うなョ」と小さな声で言って自分がニタッとした時だ。聞いた記者団が思わずいっせいに吹き出したのがケッサクだった。「笑うなョ」はいかにも責任を「時差ぼけ」に「転嫁したのではないぞ」とでも言いたかったのか。それともう一つは、中川氏の選挙区である北海道11区の後援会の会長とかいう人が登場して「親(一郎=故人)の代から長年付き合っているが、酒を飲んで酩酊するようなことは一度も見たことがない。ビールを飲んでもコップいっぱい程度だ」という意味のことをのたまったのである。ヘエ~新聞の見出しとは全然ちがうねえ。小泉元首相じゃないけど「笑っちゃうよ」だ。昨日も紹介したが、森・元首相でさえ証言しているのにねえ。また、フリー百科事典Wikipediaによると、2008年11月20日、スペイン国王フアン・カルロス1世夫妻を迎えての宮中晩餐会で、テーブルを挟んで正面にいた妻に、何度も「もう、お酒やめなさい」と言われていたのに多量飲酒。野村一成東宮大夫とトラブルを起こし週刊誌沙汰になっている。「本人はインタビューで「場所が場所だけに…失態をしてしまいました。お酒が悪い。本当にお酒が悪い」と語っている」(wikipedia)…あきれるのは「お酒が悪い」か。飲む手前が悪いのではないか。お酒が悪いと言えば酒造会社や酒屋さんらは悪い物を造ったり売ったりしていることになるのだが。皇居という場所で妻にたしなめられつつも飲むというのは、これは相当なアル中じゃないの?それと、wikipediaでは1月28日の「うずちゅう事件」という衆院本会議演説で26箇所も誤読した原因も「カゼで体調が悪かった」と今回の「もうろう会見」と同じことを言っているが、2週間以上もカゼの引きっぱなしだったのか?聞きたいものだ。ともかく、氏の酒癖はテレビのコメンテーターでも「彼は朝から酒を飲んでいる」「そばに座ると匂いがする」と発言する人が局名や名前は忘れたが二人ほどいたのは確かだ。これでは飲酒運転並みの飲酒出勤ではないか。国会という神聖な職場へ。こうした輩が自民党のなかではタカ派なのである。「集団的自衛権やミサイル防衛など真の日米同盟関係を確立すべきだ」(07年1月)「憲法でも核保有を禁じていない」(06年10月)とかの言動や、日本軍「慰安婦」問題否定で奔走し、同問題を扱ったNHK番組に放送内容を変更するよう安倍晋三氏らとともに圧力をかけるとか、小泉内閣では政調会長として改憲手続法、教育基本法改悪、イラク特措法延長強行などで辣腕を振るうなど曰く付きのタカ派である。タカでもトンビでも結構だが、もしかしてアル中なら国会議員以前の問題だが…。北海道11区の皆さんは次の総選挙で心して対処してほしいと期待するものだ。

|

« 「酩酊」大臣とともに日本経済も“墜落” | トップページ | 中川騒動の影でクリントン訪日はブッシュより悪 »