« 「汚染米転売事件」業者が逮捕、それだけで終わるな | トップページ | 小泉発言に戦々恐々の自民、麻生内閣で早く解散せよ »

2009年2月12日 (木)

みっともない自民の内紛と「郵政選挙」のメディアの責任

 麻生首相が、郵政民営化について「内心は反対だった」発言に端を発した迷走劇は、野党だけでなく、与党からも猛烈な批判である。自民党って面白いのは、自分の党内の不一致点について、肝心の相手と直接議論しないで、別の場所で好き放題に批判または擁護の発言を繰り返し、メディアを使って間接的に伝えることだ。家庭に例えるなら、「内の嫁はどうだ」とか「うちの主人はかんだ」と外で、みんなに聞こえるように大きな声で恥を吹聴してまわるようなもので全くみっともない。意見があれば当事者ととことん議論して納めればいいのに…。わたし的に自民党支持者ではないが、少なくとも日本の政権与党であり、与党の内紛は世界中に恥さらすようなものであり、「日本はなんとも頼りない国だ」って写るから恥ずかしい。昨日などは菅義偉自民党選対副委員長が新潟まで行って、「首相の発言は極めて重い。国民に誤解を与えるような、党内で無用のあつれきを生むような発言は慎まなければならない」と首相のいないところで苦言だ。森善朗元首相は「麻生さんは答弁の仕方が少し悪いとは思うが、善かれと思って言ったことだ。(郵政民営化法は)3年後に見直すと書いてあり、恐らくその意味でおっしゃった」と、こちらは擁護派だ。しかし、森さん、そのあとに重大なことを言った。「(民営化議論の当時)胸を張って正しいと思った議員は小泉(元首相)さんだけだろう」と語ったのだ。細田自民党幹事長は、これも

松江市

内の記者会見で麻生首相の一連の発言について「分かりにくい内容だったのは事実。いろんな説明のなかで誤解が生じているのは残念だ」と批判的。あちこちで好き勝手に、ばらばらなことをいうところにもはや政権の行き詰まりは鮮明である。また、中川昭一財務・金融相は、定額給付金について、首相が「受け取らない」と言ったとか、言わなかったとかに関連して、「もらうのか、もらわないのかとか、そんなことはどうでもいいことだろうと思っている」と発言。あ~あ、この国のリーダーはいったい誰なんじゃと思うネエ。しかし、森(元首相)さんの「民営化を正しいと思ったのは小泉さんだけ」との発言は、そんな法案をわざわざ「郵政選挙」までやって押し付けた自民党の責任は重大だ。自民党の中の反対議員は離党させられ、選挙戦では刺客まで送り込まれた。当の小泉氏はいまダンマリだ。結果的に「郵政選挙」は自民党が圧勝した。だが、これはマスメディアにも責任がある。全くの「劇場型選挙」で、自公と対決する、刺客を送り込まれた選挙区がやたら放映され、小泉持ち上げに少なからぬ役割を果たしたのがメディアであった。テレビ視聴者から見れば、「郵政民営化に反対する者は国民にあらず」と感じたものだ。最大争点の郵政民営化の論戦そっちのけで、激戦を展開する候補者だけを克明に紹介し、他の候補はつけたし的に「○○候補も立候補している」と数秒だけの映像というメディアの放送姿勢は公選法上から言っても不公平なものだった。それでも郵政民営化に反対の候補の得票合計は、賛成派候補を百万票位上回ったと記憶する。定数1の小選挙区制という、きわめて民意を反映しない非民主的な選挙制度のお陰で自民党が圧勝しただけの話なのだ。もともと小泉氏の最初の総裁選からメディアによって作り上げられた「小泉人気」による長期政権だったが、その政権でやったことは、郵政民営化をはじめ、現在の大解雇ラッシュを生んだ派遣労働を製造業にまで「規制緩和」したのも、いま高齢者いじめの後期高齢者医療制度を決めたのも、社会保障の自然増分2200億円を毎年削減し続けているのも、汚染米をばらまく元になった「コメ改革」で、米流通における国の管理責任を放棄したのも、さらに、あいつぐ負担増を国民に押し付けたのも、ほかならぬ小泉構造改革であった。そのボロが剥がれていまは批判的であるが、しかし、時として日本には「二大政党」しかないかのような扱いも見受けられるのが気になるし、次の総選挙では報道機関として冷静で公正、公平な報道を貫いて欲しいものである。

|

« 「汚染米転売事件」業者が逮捕、それだけで終わるな | トップページ | 小泉発言に戦々恐々の自民、麻生内閣で早く解散せよ »