« 豪腕小沢氏の「かいらい」鳩山代表実現 | トップページ | 同じDNAをもつ自民と民主はどこがちがうか? »

2009年5月18日 (月)

孫孫対決で政権交代しても政治の中身が変わるか?

 強力な自民党のDNAを持った民主党の新たな幹部が決まった。鳩山代表は祖父が元首相、父は元外相の世襲3代目。そして予想通り新たに選挙担当の筆頭代表代行として鳩山氏から指名されたのが小沢一郎氏。ご存知田中角栄元首相、竹下登元首相、金丸信氏ら自民党の金権政治家のお歴々とともに辣腕を振るった人物。その後新進党や自由党などを作っては壊しながらいま民主党に属する。ほかに菅直人氏と輿石東氏も代表代行で留任。幹事長には代表選に敗れた岡田克也氏が新たに納まった。岡田氏は通産官僚→自民党から衆院議員に→小沢氏らと新進党結成→国民の声→民政党→民主党と渡り鳥。こうして見ると鳩山代表、小沢代表代行、岡田幹事長の3人は生まれも育ちも根っからの自民党であり強烈なDNAを引き継ぐから民主党というよりも第2自民党と言っても過言ではない。同じ代行でも出身がほかの党である菅氏、輿石氏は影が薄い。対する本家の自民党の党首である麻生氏も吉田茂元首相、父も衆院議員で吉田茂の側近の役割を果たしたから世襲一代の孫である。本家も第2自民党も党首は孫で「まごまご」同士。よく言われるように会社など実業家の世界では、1代目は本人の大活躍で財をなし、2代目はその親の叱咤激励でなんとか代を次ぐが、それを潰してしまうのが3代目と言われる。そういうわけかどうか、漢字が読めないし失言放言で諸外国でも恥を掻き、高級料亭で高級酒の飲み放題である。一時は自民党のなかからも降ろされかねない寸前だったが、小沢氏の敵失でかろうじて生き延びている。どうやら、総選挙は「マゴマゴ対決」になるのか。で、総選挙で本家のマゴが負けて第2自民のマゴになったら政治は大きく変わるのか…。顔は変わっても政策の中身は自公と瓜二つだからいまの政治とほとんど変わらないということは一昨日も紹介した。それに付け加えて言いたいことがある。「政治とカネ」問題についてほんとうに清潔になるか。代表に選出された鳩山氏は、西松疑惑にたいし小沢氏は「説明責任を果たしていない」と述べつつ「小沢氏は潔白だ」と矛盾したことを言った。小沢氏が潔白ならどうして公設秘書が逮捕起訴されたのか。西松1社からもらった3億ものカネは公設秘書がネコババしたとでもいうのか。そうではなく小沢氏の資金管理団体に入金されたのは事実で、西松がこれほどのカネを何の目的で違法な方法で献金したと思うのか、そのカネはどう使ったのかなどすべての経緯を説明すべきなのだ。小沢氏の手口はかつての仲間、田中角栄や金丸信などと同じではないか。だから今日の朝日新聞の世論調査で小沢氏の「一点のやましい点はない」ということに「納得できる」はわずか14%、「できない」が78%もある。鳩山氏に変わったが肝心の金権政治について自浄能力ゼロなのだから企業献金禁止という国民の切なる願いも程遠い。朝日の世論調査はまた、「鳩山さんに変わって民主党に対する印象は「よくなった」がわずか16%、「悪くなった」が6%、「変わらない」が75%もある。実に国民は賢明にみているなあと思う。しかし、あまりにも自公の政治がひどいゆえに、「ダメもとでもいい」から一度政権交代してほしいという切実さによって、「ふさわしい首相は」と「政党支持率」ではわずかに自民党を逆転した。しかし、ここに日本の不幸がある。「ダメもと」だから、民主党が政権を握っても中身は変わらないのではと半信半疑なのだ。それでもかすかな希望を持って見たいという気分だろう。そしてその結果裏切られたら、不幸ではあるが失望することもない。いい意味での試練が国民にもたらされる。本家の自民党のダメさ加減は実証済み。第2自民党である民主党もだめだと経験する。さて、どうすべきか?そこでこそほんとうに「政治の中身をかえる」政権交代へと議論が大きく前進するであろう。そのためにも「政治の中身をかえる」確固とした党である日本共産党が今度の選挙で大きく前進させる必要がある。それが民主党の歪んだDNAを少しでも正すかも知れない。そんなことを思う次第である。

|

« 豪腕小沢氏の「かいらい」鳩山代表実現 | トップページ | 同じDNAをもつ自民と民主はどこがちがうか? »