« 民主中心の政権はダッチロール状況? | トップページ | 薬害肝炎原告団の願いにそっけない鳩山政権 »

2009年10月30日 (金)

「ウソツキ民主党」も見えてくる国会論戦

 臨時国会で鳩山首相の初の所信表明演説が行なわれ、自民、公明、共産、社民各党が代表質問をした。与党になった民主党は質問は行なわないとサボタージュしたがこれはおかしい。国民から選ばれた限りは与党、野党にかかわらず行政をチェックするために発言するのが仕事だ。与党議員も質問したい議員がいるだろうにそれを党として封じるという態度は間違いであると思う。各党の代表質問はNHKで中継された。自民党の谷垣総裁は「新政権には経済成長戦略が欠けている」とか、来年度予算編成作業で財源づくりについて触れ、「自民党は消費税を含む税制抜本改革の道筋を先の通常国会で法制化した」と、消費税増税を迫った。首相からは「こんな財政にしたのは誰か」と反論。谷垣氏「沖縄の普天間基地問題で日米の信頼関係に亀裂が生じる」とか、選挙でなぜ負けたかという反省もなく従来路線の立場からの質問に終始した。首相は「普天間の移設問題に今まで10年以上も結論を出さなかったのはどの政権か」と皮肉を込めた反論や、別の問題では「あなたがたから言われたくない」とか、自公政権時代の負の遺産に苦労しているんだといわんばかりでさっぱり面白くない議論だった。それに比べ「建設的野党」を是認する共産党の志位委員長の質問は鋭かった。政権が変わったいまこそ緊急に転換を迫られている重要問題を質した。人間らしい雇用のルールを破壊してしまった前政権の労働法制の規制緩和の転換を求めた。失業率の最悪状態が続いているもとで、失業給付の緊急延長、求職活動中の生活困窮者の救済、中小企業への雇用調整助成金の抜本改正、そして労働法制の抜本改正として労働者派遣法の改正を強く求めた。首相の所信表明演説では全く触れられなかったからだ。いまトヨタなどはエコカー減税で増産体制に入ったが、あいかわらず期間工という「6ヶ月の期限付き」採用の募集だ。あれだけ批判されたトヨタがまたしても人間使い捨てである。利潤のためなら税の投入を受けても、労働者なんか使い捨てでいいのだという人間とも思えない仕打ちだ。鳩山首相は「労働者派遣法改正案は来年の通常国会で提案する」とかろうじて答弁した。志位氏はつづいて後期高齢者医療制度についても首相演説は「先送り」だと厳しく批判。一昨年12月の参議院では民主党も含めて「廃止」を議決した。同党のマニフェストでも「廃止」だった。にも関わらず首相は、新しい制度と引き換えで廃止だと先送りにした。これにはもうがっかりし怒り心頭だ。「ウソツキ民主党」である。志位委員長は農業問題で歯止めのない輸入自由化路線を厳しく批判し、農業再生のために日米FTA交渉促進は日本農業を壊滅的にするから絶対にやめるべきと迫ったが、鳩山首相はガンとして応えず「国際交渉を促進」と答弁。また志位氏は財源問題で高速道路無料化より先に福祉へまわせ、庶民に1.4兆円の増税付きの子ども手当てにもくみしないと言及。さらに米軍への「思いやり予算」と大企業、大資産家への優遇税制にメスを入れることも追及。しかし鳩山首相には全くその気がなさそう。志位氏は最後に沖縄の普天間基地移設問題では、アメリカのゲーツ国防長官に一喝されて迷走する新政権を質した。宜野湾市の上空からの写真を一目見れば分かるように、市のど真ん中に位置する米軍普天間基地は沖縄の痛みを象徴するものだ。2700mもの滑走路、騒音はじめ、ヘリ墜落の危険にさいなまれながら、未だにアメリカは占領しているのである。鳩山首相のブレーンの一人だとか囁かれる日本総研会長の寺島実郎さんは、最近のTVニュース番組で「独立国で外国軍隊が存在する異常」について、「時間がかかっても、基地の縮小、地位協定の見直しに正面から勇気をもって取り組むべき」という意味の発言をしていたが、そういう勇気は鳩山首相にはなさそうだ。せっかく国民の力で勝利した新政権だが、今のところは旧来の自民党政治からの転換は殆ど見られない。もともと総選挙中からも「自民も民主も大して変わりなし」と言うのが圧倒的世論だったから、期待するほうが馬鹿だったのか?まあ、もう少し見極めよう。

|

« 民主中心の政権はダッチロール状況? | トップページ | 薬害肝炎原告団の願いにそっけない鳩山政権 »