« 11・8沖縄県民大会21000人の声を聞け!鳩山内閣よ | トップページ | 同じ日本人被災でも米韓大統領見識のこの違い »

2009年11月15日 (日)

 何をするためにオバマ氏は来日したのか

大地震が起きたときを想定した訓練はあちこちでよくやられるし備えをするにこしたことはない。だが「米軍機が墜落しました。先生の指示に従って避難してください」と毎年訓練する小学校があるそうだ(出所・しんぶん赤旗日曜版11月15日号)。そんな訓練なんて聞いたことがない?沖縄県宜野湾市の普天間第2小学校である。フェンスを隔てた向こうが普天間基地。滑走路の延長線上に位置するためヘリや戦闘機が校舎をかすめて飛来するからだ。前回も紹介したが、アメリカの元国防長官ラムズフェルドが普天間基地を上空から視察して「こんな危険な基地があるのか」とさえ言ったという「世界一の危険な基地」なのだから米軍機墜落想定訓練までやっているわけ。だからこの基地は撤去すると日米政府が決めて13年にもなるのになにも進展していない。そんななか沖縄県民の民意は基地の移設ではなく撤去しかないと声をあげているのである。オバマ大統領が来日するというのでその声は一段と高まっていた。米国も日本も政権交代し前向きな変化の兆しがあるときだからこそ沖縄県民の期待も膨らんでいたのである。ところが13日夜の日米首脳会談はちょこっと一時間余りお茶を濁すような会談で具体的なことはなにもない。最大の懸案は普天間基地「移設」問題だったはず。しかしアフガン支援策だの、「核兵器廃絶」「地球温暖化対策」など前回の首脳会議で一致済みのことで日米同盟の「深化」が目立っただけ。普天間基地問題では「閣僚級の作業部会で早い時期に解決する」という確認をしただけだ。鳩山首相は総選挙で自ら「県外・国外」移設を約束したことを上げて、「沖縄県民の期待が高まっている」となんだか分からない遠まわしの言い方をしただけだ。なぜオバマ氏に「私は選挙で沖縄県民に『県外・国外移設』を公約し選挙で勝った。政権についたからには普天間基地を撤去して下さい」と正面から言えないのか。オズオズと遠まわしな遠慮した言い方で結局は「先送り」しただけだ。読谷村の米兵によるひき逃げ死亡事件にも「遺憾の意」も言わず、オバマ氏も謝罪どころか全く触れずじまい。しかしまあ逆に言えば、あの恫喝男、ゲーツが怖くて「オバマ来日までに決着を付けたい」というシナリオ通りにならなかったのは沖縄県民と国民の批判の高まりがあったからとも言える。しかし、爆音被害や米兵犯罪に苦悩する沖縄県民にとっては、苦悩も先送りするだけだ。オバマ大統領のホンネはあのさんご礁豊かなジュゴンが泳ぐ海を壊して辺野古に移設することしか頭にない。だが、少しは県民の怒りも承知しているのだろうか。「今はまずい」と首脳会議では「先送り」で一致しただけの話だ。しかしオバマ氏もおかしい。世界に向かっては「核廃絶」「軍縮」だの言うのであれば、なぜ日本にある基地から縮小しないのか。とりわけ沖縄の基地は死んでも離さないのは、地理的にアジアを狙う格好の基地となっているからである。メディアは「核抑止力」「核の傘」「日本の防衛」などと宣伝するが、それはウソである。普天間基地に駐留する米海兵隊は、アメリカが世界中で起こす戦争に真っ先に駆けつける殴り込み部隊なのだ。だから沖縄を手放すわけにはいかないのである。オバマ氏もさかんに「アジア云々」と言いはじめている。そのためには日本と手を組んで「深化」した軍事同盟でアジア支配を狙っているのではないか。そんな気がしてならない今日この頃である。

|

« 11・8沖縄県民大会21000人の声を聞け!鳩山内閣よ | トップページ | 同じ日本人被災でも米韓大統領見識のこの違い »