« オバマ大統領にノーベル「平和」賞なら、日本をどう喝しないで | トップページ | あぁ経済大国で「自殺大国日本」とは悲しい »

2009年12月14日 (月)

民主・自民の政治家はなぜカネにルーズなのだ!

 自民党もそうだが民主党も含めて「二大政党」の政治家ってどうしてこうも金にルーズなのだろうとあきれ果てるこの頃である。個人献金…じゃなかった故人献金に端を発してだんだん真相が明らかになってきた鳩山首相。実はゴッドマザーからのお小遣いだった。なんとあの人のお小遣いは毎月1500万円。数年間で9億とか11億という。もちろん歳費とボーナスで年末には数百万はちゃんと入る。そりょあ、ママはブリジストンタイヤの大株主だから寝てても大金が入るのだからどう使おうと自由である。しかし、政治家には政治資金規正法ってのがあって、収入も支出も明らかにして国民に信を問わなければない。その規正法に「ママからもらった」と書いたら、巨額ゆえに当然4割か5割くらいの贈与税がかかるから書けない。それならと故人や献金をもらっていない人の名前を使って献金があったように装う。それだけでなく規正法で年間5万円以下なら名前を出さなくていい小口の匿名献金やパーティー収入を水増ししてで届出たのだ。だからあの人の「匿名献金」が他の政治家と比べて抜群に多かったわけ。そして、届出記載実務は公設の秘書がやったことにして本人は「知らなかった」の連発で罪を秘書に擦り付けたのだろう。それで東京地検は「ハイ、幕はおりました」ってわけか? でも、野党時代の鳩山さんは、他党の政治家のカネ問題では「政治家と秘書は同罪」なんて手厳しく批判していたよね。今度は自分に降りかかってきてからは、「地検の解明を待って必要な手続きをおこなう」と言い出した。要するにママからもらった資金だったと認め贈与税を払ってケリをつけるのだろうか。別に地検の解明を「待つ」必要はないのだ。自分が一番よく知っているのだから「ああだ」「こうだ」と言い訳する前にサッサと最初から認めればよかったのに。また、ママとすれば鳩山兄弟の片方だけに援助するわけに行かないのは当然だから弟の邦夫氏にもほぼ同じ額を渡していた。邦夫氏は自民党だから兄の不始末で自分にも火がついたらたまらないとばかりに、時期遅れながら「贈与税を払う。自民党の役職も降りる」とカッコウつけた。もっと早くならカッコウもつくが、やっぱり「知らなかった」と言うのだろうか? 兄は「育ちのいい家庭だったので」とも言った。それは世間では「ボンボン育ち」という。そういう方が一国の総理である。ボンボン育ち故かどうか知らないが普天間基地問題でも閣僚がバラバラなことを言い合っても調整すらできず、アメリカにはモノが言えないし、沖縄県民の怒りもコワイ。攻める資格のない弟からも責められる。四面楚歌ってのはこういうことを指すのかも知れない。おまけに失業者増大で昨年末の「派遣村」以上の事態になりつつあるにも関わらず救済どころか、自分の事でしどろもどろだ。早くも「もう、かばってられない」との声が党内からも噴出し、「長くは持たない」と虎視眈々とポスト鳩山の座を狙う人も居るようだ。どうして自民や民主の議員は金にルーズなのだ!今日は触れないけれど自民党のあの西松建設がらみで二階元経産相の秘書も起訴された。関空がらみや地方の公共事業等の口利きでガッポリ儲けたであろう御仁だ。民主党のもう一人、影の実力者もそうだし、官房機密費の使途をあきらかにしないというあのおトボケ名優も含めてルーズな人たちがまだまだいる。金にルーズ…いや汚い政治家のやることだから、国の借金である国債も8百数十兆円になるとか。にもかかわらず軍事費やアメリカへの思いやり予算、それに政党助成金などのムダ遣いには手をつけずド~ンと借金増やしに懸命だ。それも表立っては「国民のため」と美名で言うけれど…。ああ悲しい!立腹ついでに雀の涙ほどのお小遣いから、スーパーの賞味期限切れ直前の「5割引」のシールの付いた刺身でも買って焼酎のお湯割りで一杯やるしかないか。ヤルセナイネエ。

|

« オバマ大統領にノーベル「平和」賞なら、日本をどう喝しないで | トップページ | あぁ経済大国で「自殺大国日本」とは悲しい »