« 民主党は日本人よりアメリカの方が大事なの? | トップページ | オバマ大統領にノーベル「平和」賞なら、日本をどう喝しないで »

2009年12月 9日 (水)

米海兵隊は侵略専門常備軍、日本守らん部隊

世界一危険な米軍基地といわれる沖縄の普天間基地をめぐって、沖縄県民の願いは無条件撤去なのに鳩山内閣で関係閣僚がもっぱら「移設先」探しに追われ、首相の決断力のなさもあって「悩める問題」としてゴタゴタしている。そのおかげといえば語弊があるかもしれないがテレビなどで普段は触れることの少ない「在日米軍基地」にフットライトがあたりだしたことは良い事だ。「基地は沖縄だけだろ?」とか、広さや米兵の人数、そのために使う日本の金額は…、等々と言った問題にテレビが触れる場合があるから国民にとっては考える機会になると言う点で意味がある。しかし、メディアが取り上げるのは当然だが、その視点ではまちまちである。概ね「日本の安全を守ってくれる安保条約と在日米軍基地」と、アメリカに睨まれるのが怖いのか、米国の常軌を逸したドーカツにも無批判で米国を擁護する立場の報道が多いことにはどこの国のメディアかと思う。ゲーツ国防長官の「辺野古への移設なしに沖縄の海兵隊の縮小も土地の返還もない」との発言や、ルース米駐日大使が「日米関係と連立の社民党とどちらが大事か」怒鳴ったという話もある。別に民主党や社民党の肩をもつつもりはないが、こうした発言は不当な内政干渉ではないか。日本の国民が選挙という手段で選んだ政権に対して、選挙権もないアメリカ人が干渉するなってことを日本のメディアはもっと批判するべきだ。だがヤンキーの言ったことを材料にわが国の政治の足を引っ張っている。メディアが批判すべきは沖縄県民に数十年も多大な苦しみを与えておきながら、本来は自らが「迷惑をかけた、基地を撤去します」というべきなのがアメリカの要人たちだ。まるで本末転倒しているのに日本のメディアは怒らないのが不思議だ。サテ、そうしたなかで昨日の某テレビ局でも普天間基地と在日米軍基地のそもそも論を展開していたなかに「米海兵隊と何か」を開設していた。たしか、「陸軍でも海軍でも空軍でもないこの部隊は、敵前でもあっても果敢に上陸する部隊で、島国の日本では不要だから自衛隊にはない」とかいう意味の話をしたのが印象的だった。日本にいる米軍は4万人ちょっとである。陸軍2584人、海軍3708人、海兵隊14378人、空軍12758人、第7艦隊6857人だという(096月末)。海兵隊が一番多いのは何を意味するか。あるHPから正確と思うものを見つけた。海兵隊とは、「『殴り込み部隊』とか『やくざ部隊』と言われるように、19才から25歳までの若年兵を中心とする実戦戦闘部隊(米第4軍)で、太平洋海兵艦隊に所属し、役務支援軍と海兵航空団とともに海兵遠征軍のなかに組み込まれて実戦に参加している。上陸作戦を主任務とする海兵隊の大きな特徴は、海軍機や空軍機に依存せず独自に地上支援任務を行う能力を有しており、そのため、独自の航空部隊(機体の所属マーキングも“MARINES”)のほか、軍艦も大砲を保有している。すなわち、陸でも空でも海でも戦争ができる部隊であり、ベトナム戦争においても投入された。なお、徴兵制が実施されていたベトナム戦争当時でも、この海兵隊に関しては全員志願兵であった。在沖米海兵隊は第3海兵師団に属する戦闘部隊と海兵隊基地の維持や補給を任務とする部隊の2つにわけられており、沖縄の海兵隊はキャンブ・バトラー(ズケラン)に司令部があり、その司令官は全在沖米軍の4軍調整官を兼ねている」とある。アメリカでは陸海空軍の出動は議会の承認を要するが海兵隊は大統領の命令だけでよく、第二次世界大戦でもガダルカナル島、サイパン島、マリアナ諸島、硫黄島、沖縄などの激戦地に配属された。戦後も朝鮮戦争で釜山まで追い詰められた国連軍の中心部隊として反撃の先頭に立ちソウル奪還の一番乗りを果たしたという。何を言いたいかというと、海兵隊は米本土を防衛するのが任務ではなく、海外遠征でたえず他国を睨み、空でも陸でも海でも常時戦闘できる部隊であるということだ。だから沖縄の海兵隊も日本を守ったりするのではなく、ベトナム戦争、イラク戦争、湾岸戦争、アフガン戦争などの出撃基地となってきたのである。そして米軍再編計画では海兵隊の大半をグアム島へ移す、そのために日本に3兆円とかの莫大な移転費用の負担を強いるという。だったら今すぐ普天間基地を返還してグアムへ行けば良い。そのことを日本政府はなぜアメリカと対等に交渉しないのかと言いたいのである。言ったとしても殺されるわけでもなく、せいぜい彼らは恫喝ぐらいだ。日本のメディアもそうした立場から

|

« 民主党は日本人よりアメリカの方が大事なの? | トップページ | オバマ大統領にノーベル「平和」賞なら、日本をどう喝しないで »