« さあ、出て来たぞ民主党の消費税増税論 | トップページ | 元秘書ら3人を窮地に追い込み「生活第一」という小沢一郎の白々さ »

2010年1月14日 (木)

民主党には「自浄能力」はないのか?

 政権党の小沢幹事長が土地購入の疑惑をめぐって政治資金規正法違反の容疑で、政治資金管理団体である「陸山会」の事務所、元秘書で衆議院議員の事務所、それに大手ゼネコン鹿島本社などを東京地検が強制捜査に入ったことはショッキングな事件である。新聞の写真では周囲のだれもがマスクをしていないのに、小沢氏だけが口にチャックならぬ大きなマスクをして「俺はなにもしゃべらんぞ」とばかりに説明責任もなく無言で歩いているのだろう。テレビ画面では「私どもは法にふれることをしたつもりはない。国民の皆さんも理解してくれる」なんていわれても「理解」のしようがない。どうして大手ゼネコン鹿島の本社まで同時ガサ入れなのか。東京地検が鹿島をも対象にしていることは何か関連があるということだ。ひょっとして土地購入代金の約4億円はゼネコンからのウラ献金と睨んでいるのか。いったい4億円はどこから出ているのか。やましいことがないというなら4億円の原資はどこから出たかを証拠も含めて小沢氏がサッサと示し国民の誰もが納得できれば、「理解」もしようが、口にチャックでは「理解」どころではない。時期も時期である。18日から通常国会が始まるというこの時期に強制捜査とは…。小沢氏が任意の事情聴取に応じなければウヤムヤに済むだろうとタカをくくっていたのかも知れない。元秘書の事務担当だった石川某と言う衆院議員は、4億円は小沢氏の資金だったと認めたと言うのに、政治資金収支報告書では、4億円の定期預金を担保に銀行の融資を受けて払ったことになっている。ところが実際に土地代金を払ったのは融資がおりる前に払っていたことがばれちゃった。だとしたら4億円はどこから出たのか? 大手ゼネコン鹿島は長年にわたって東北地方の公共工事談合の仕切り役を務めていたと言われ、岩手県で建設中の胆沢ダムの本体工事を落札。その談合に小沢氏が「天の声」を発していたことは、西松建設偽装献金事件で小沢氏の公設第一秘書である大久保被告の初公判で検察が明らかにしている。小沢氏は東北地方の公共事業のドンと言われる事はすでに有名なことだ。鹿島が強制捜査の対象になったのはこうした理由でさらに事実関係をさぐる意味もあると思われる。政治家たるものは公共工事であろうがなんの事業費であろうが、どこでどんな事業を行なうかは一番先に知ることができる。それを活用してゼネコンなど事業者と結託して談合すれば、業者もおいしい仕事にありつけるし、政治家は献金を戴けるという関係にある。だから、政治家には政治資金規正法という法でもって、自分の政治活動資金の収入はどこからいくらとか、支出はどこへいくらとかを届け出て、自らの政治活動資金を公表し国民の監視をうけなければならないのである。金額の大小にかかわらず、いささかの疑惑であっても説明責任を果たさねばならない義務がある。特に連立政権とは言っても中心の政権党にあって鳩山首相の献金偽装と言い、幹事長のこのていたらくと言い、ツートップがこういう状態では国民からすれば「せっかく政権交代したのになんだ、これは」とソッポむかれるだろう。民主党には公党としての自浄能力があるのかどうか。それとも豪腕幹事長が怖くて誰も何も言えないのか、聞きたいものである。

|

« さあ、出て来たぞ民主党の消費税増税論 | トップページ | 元秘書ら3人を窮地に追い込み「生活第一」という小沢一郎の白々さ »