« 日米関係の「無残な対等」ぶりを斬る | トップページ | 首相も幹事長も「秘書がやった」と逃げる醜さ »

2010年1月23日 (土)

「抑止力」でどれだけ日本が苦しめられたか

 昨日(22日)の衆議院予算委員会での日本共産党の赤嶺政賢議員の沖縄普天間基地問題をめぐる討論は実に圧巻であり、NHKテレビで視聴したがヤジもなく委員会室が静まり返ってみな耳を傾けていた。生まれも育ちも沖縄である赤嶺議員はまさに「沖縄の心」を代弁して普天間基地の生まれた歴史的経過や、島民への危険な実態、移設先さがしでなく即時無条件返還こそ唯一の解決策であることを明らかにした。テレビの前で何度も何度も「そうだ」とうなった。「普天間基地がつくられた場所には、民家も役所も郵便局も墓地もあり、各集落には黒糖製造所もあった」。そこが「サンフランシスコ条約が締結された1951年以降も、米軍は銃剣とブルドーザーで住民を強制的に排除し、基地をさらに拡張した」と訴える赤嶺議員。赤嶺氏が生まれた那覇市では「水道タンクをつくるといって実際に設置されたのはガソリンタンクだった。米軍は大勢の武装米兵、装甲車、トラックで押し寄せ、座り込む住民を銃剣で殴り、軍靴でけり、頭から毛布をかぶせ追放していった」「沖縄の米軍基地が不法・不当な土地取り上げによってつくられたという認識はあるか」と鳩山首相に質す。また、赤嶺氏が小学校に入学したとき起きた、6歳の少女が嘉手納基地で米兵に暴行され殺されてゴミ捨て場に捨てられた“由美子ちゃん事件”、同じく6年生の時に当時の石川市宮森小学校に戦闘機が墜落し児童を含む17人が死亡した事件などを切々と語り、「米軍による直接統治で県民は虫けらのように扱われてきた。県民は忘れられない悲劇を胸に秘め基地問題を考えている」と、「沖縄は外国」だった当時を振り返る赤嶺氏の訴えは胸をうつ。さらに「だから平和憲法がある日本に復帰したら、当然米軍基地はなくなる、少なくとも縮小されると思った」。しかし72年の本土復帰以降もなにも変わっていない実情を訴え、「政権が代わったいまこそ、約束どおり米軍基地の縮小・撤去に努力すべきでないのか」と声を大にして首相に迫った。首相は「普天間基地は戦争が終らないうちに米軍が接収したもの」とか、「多くの悲劇が米軍基地により起きている現実の話をうかがった。米軍の存在を必要とするなか、どのような解決があるか知恵を絞る」「基地のあり方、将来的に米軍の再編、安保のあり方を考えるべきかというなかで、結論を見出していきたい」などと答弁。赤嶺氏は、基地の移設先として上がっている嘉手納、伊江島、下地島など「たらい回し」を批判し、具体的な理由を示して「沖縄の基地問題の深刻さを理解していない」と迫った。答弁にしゃしゃり出てきた岡田外相は、「確かに沖縄には基地が多いと感じたが、米軍の抑止力によって日本の安全が保たれている」と例によって「抑止力」論だ。テレビの前で聞いていて怒り心頭だ。まるで「抑止力」を履き違えているのではないか。沖縄島民を苦しめるための抑止力ではないのか? 赤嶺氏は「基地のもとで、虫けらのように扱われてきた県民に思いを馳せるべきではないか。抑止力、抑止力というが、これが65年間、沖縄に基地をおしつけてきた論理だ。軍の論理より民の尊厳を大切にすべきだ」と凜とした声で圧倒した。そして、鳩山首相が野党時代の05年7月の衆院本会議で当時の小泉首相に対し「普天間基地の代替施設なき返還をアメリカに求めるべきだ」と指摘したことを上げ、「政権についた今こそこの主張の実行を」迫ったが、やはり「抑止力」のため米軍は日本のどこかに必要という答弁だった。これでは自民党政権時代となにも変わらない。アメリカも大事、沖縄も大事と言うのでは解決できない。いったいどちらの国の首相なのか。安保改定50年で第5条の日米共同作戦が今では「周辺事態」と称して、米軍の戦争に自動的に参戦する仕組みに変質、自衛隊が米軍の支援でイラクやインド洋まで出かけるなど、地球上のどこへでも派兵する段階に入った日本。日本中に基地を提供し、米国が同盟を組む27カ国の駐留経費総額の半分以上年間5千億円もの予算までつけて、「日本防衛」とは無関係な地域まで一体化するアメリカ言いなりそのものだ。沖縄には海外への殴りこみ部隊である米海兵隊が君臨し、沖縄からは絶対に撤退できないから普天間基地撤去の変わりに「辺野古に最新鋭の基地をつくれ」とどう喝しているのが米国である。そのどう喝に主権国家として対等にモノが言えないので「抑止力」という言葉で日本国民を欺いてきたのが歴代政府である。沖縄では本土復帰した1972年以降で米軍関連の犯罪検挙数は5584件、米軍機による事故は487件、本土では半世紀で犯罪等が20万件越し、殺人等による死者は沖縄含めて1084人。まるで「戦時」なみである。こうしたことに「抑止力」で犠牲を強いる政権党も情けないし、日本のメディアも無関心であるのが悲しい。

|

« 日米関係の「無残な対等」ぶりを斬る | トップページ | 首相も幹事長も「秘書がやった」と逃げる醜さ »