« 元秘書ら3人を窮地に追い込み「生活第一」という小沢一郎の白々さ | トップページ | 日米関係の「無残な対等」ぶりを斬る »

2010年1月18日 (月)

独裁者を前に民主党の自浄能力のなさには呆れる

 まったく民主党という党の自浄能力のなさといったら呆れるしかない。鳩山首相からして死んだ人からまで献金があったかのように装ったのは、贈与税を逃れるためだったのか?実は母親からの巨額の贈与だったのに偽装した。贈与なんて縁のないわたし的には贈与税について少し勉強になった。ややこしい不動産は別として現金の場合1年間で同じ人から贈与してもらった金額が110万円までならもらった人には贈与税がかからない基礎控除となる。110万円以上から1000万円までは段階的に税率が上がる。1000万円以上では50%というのが基本で特例もある。鳩山首相の場合は毎月1500万円というから税額も破格だ。なにやら6億ナンボ払ったという話だ。まあ、母親はブリヂストンタイヤの大株主だから生きているだけでジャンジャン金が入ってくるんだな。総理大臣ともあろうお方がそんな金をもらっていたことを「知らなかった」とかは理解に苦しむし、贈与税の存在自体はいくらなんでも知っているだろうしね。サテ、そんな首相が今度の小沢一郎の疑惑について、検察と「たたかって下さい」と激励したらしい。総理大臣たるものは国という行政府の長である。行政府の長なら検察が公正で厳正な捜査をできるようにする責任がある。にもかかわらず、小沢一郎が「検察と全面対決だ」と言えばそれを激励するような発言とはこれも呆れる。「一方的に肩入れするような軽い姿勢は許されない」「首相と政権党が一丸となってその検察と『対決』するかのような構図は、国民の理解をはるかに超える」(「朝日」社説)のである。当の小沢一郎は「やましいことはない」「不正な金を使っているわけではない」とは言うものの、では土地購入の4億はどうやって作ったのか、なぜわざわざ複雑な会計処理をしているのかという疑問や、胆沢ダム工事受注に際し中堅ゼネコン水谷建設が「同じ時期に1億円を元秘書を通じて渡した」と言明していることにも、ひと言も説明しないで口では「やましいことはない」と言うだけでは国民が信じることはできないし余計に疑惑が深まるだけだ。だからメディアの緊急世論調査でも鳩山内閣の支持率は急降下し完全に5割を切った。そして鳩山首相の疑惑には7割台、小沢一郎の疑惑にも9割前後の国民が「説明責任をはたしていない」と答えているのだ。これが民主党のツートップに対する回答である。そのうえで不思議なのは民主党からは批判の声はツンともスンとも出て来ないことだ。多少の批判をしているのは渡部恒三という長老ぐらいである。みなちょっとでも小沢批判をすればしっぺ返しが怖いのだろう。情けない政党である。だから世論調査でも民主党離れが特に女性や無党派層でなだれを打っているという。小沢一郎は元秘書たちに責任をかぶせて自分だけが「潔白だ」「対決だ」と喚いている。元秘書の一人は「死にたい」と周囲にもらしたという。ネットでは「小沢一郎は誰を闇に葬るのか。怖い人だねえ」というブログさえある。存分に尽くしてくれた秘書たちをかばうこともしない人間が「国民の生活が第一」などと威張っても空しく聞こえる。サッサと出頭してすべてを明らかにして独裁幹事長を辞めることが民主党にとっても喜ばしいことではないか。そうすれば懸案の予算も早期成立するだろに…。

|

« 元秘書ら3人を窮地に追い込み「生活第一」という小沢一郎の白々さ | トップページ | 日米関係の「無残な対等」ぶりを斬る »