« 「抑止力」でどれだけ日本が苦しめられたか | トップページ | 名護市長選の民意は「基地ノー」である »

2010年1月24日 (日)

首相も幹事長も「秘書がやった」と逃げる醜さ

 小沢一郎民主党幹事長にたいする東京地検特捜部の「被疑者聴取」は、物凄いというか異常というか、マスメディアが騒ぐ中で行なわれた。そりゃまあ、政権与党の幹事長というだけでなくその最高実力者だと言われるからだろう。しかし、田中角栄金脈、金丸信金脈を目の当たりにしてきた百戦錬磨の小沢一郎のことだから、わずか1回くらいの聴取で地検の狙いに沿うほどの者でないことぐらいは初めから分りきっている。まあ、最初の顔合わせ的なもので聞くだけ聞いてその言い分と、逮捕している3人の元秘書などの供述や何箇所もの強制捜査で押収した資料などと突き合わせするにはかなり時間が要するだろうと思いつつ、メディアの報道に付き合ったが案の定であった。だが、「政権党の現職幹事長が検察の事情聴取を受けたのは戦後の政治史上でも異例のことで、このこと自体が異常事態」(共産党市田忠義書記局長談話)であることは間違いない。そして問題の焦点は東京の世田谷区に購入した土地代金4億円の原資と、これを政治資金収支報告書に虚偽記載した点にあることもわかった。事件の核心である土地購入資金の原資にゼネコンからの裏金が使われたのではないかとの疑惑がもたれているのである。現実に胆沢ダム建設の「仕事がとれたら5千万円と小沢秘書に要求され04年10月ごろ渡した。2回目は05年4月末ごろ5千万円渡した」との水谷建設関係者の証言も出ているのである。また、事情聴取後の小沢会見では「不正なお金はもらっていないし、不正な行為もしていない」と言えば言うほど、三転、四転と釈明が変転することも不思議である。例えば土地購入の原資はどうしたかという問題では、最初は「政治資金」と言い、次は「銀行からの融資」へ、さらに「自宅に置いていた個人資金」から今度は「個人事務所に保管していた資金」とコロコロ変わる。23日の小沢会見では、亡父(68年死去)の相続金や土地を処分して現在の家を購入した際の残金や著書の印税などで04年頃まで約7億の収入があり、その間の支出を差し引き4億数千万の手持ち資金があり、これを個人事務所の金庫に保管していたと言う。少なくとも亡父の相続金3億円を最初に銀行から引き出したのは97年だと。こんな巨額の金を長年にわたって利子も付かないし、置き場所も自宅か個人事務所かわからないが、そんな所に保管なんて庶民の感覚では理解できないけどなあ? ともかく「残金の4億数千万円のうち4億を陸山会に貸し付けた」という。だとしたら土地代金支払いと前後して定期預金を担保に銀行から利子払いが発生する4億円の融資を受けたのも不自然。小沢会見では「(秘書がやったことで)関与しておらず、分らない」と…。ここに原資の出所を隠すためではなかったのかという疑惑が生まれているのだ。そして売買代金の支払いをはじめ、土地代は04年10月29日に完了しているのに所有権移転日を2005年にした理由も、収支報告書の記載も、すべて「秘書がやったことで関与していないのでわからない」とも述べた。肝心カナメの問題は「秘書がやった」と責任を秘書になすりつけた。これは鳩山首相の故人献金疑惑と同じで、母からの毎月1500万円もの大金を何年にも渡ってもらっていたことを「知らなかった。秘書にわたしていたから」との言い分とそっくり。首相は野党時代に「秘書のやったことは政治家の責任だ」とまで公言していたのに、自らの疑惑になると「秘書が…秘書が…」である。こうして首相も幹事長も自分に尽くしてくれた秘書の人格を傷つける起訴や逮捕者にしているのである。こんな説明で国民を納得させようというのか。小沢一郎は自民党時代の角栄や金丸金脈の逮捕劇で「政治資金」については精通し、口うるさかったと言われるほどの人物だ。そういう人物が4億円の金の動きも知らず、自分の資金管理団体の収支報告さえも「把握していなかった」では許されることか? うがった見方をすれば民主党の議員はみんな同じように「秘書任せ」にしているのか聞きたいものだ。

|

« 「抑止力」でどれだけ日本が苦しめられたか | トップページ | 名護市長選の民意は「基地ノー」である »