« トヨタ問題はメイドインジャパンの信頼を損なう | トップページ | 特定政党支持を押し付けた北教組の誤り »

2010年3月 1日 (月)

「100分の2秒差」の不正もない国会議員たれ

 長らくテレビを占拠していたバンクーバーのオリンピックも終った。まだまだ余韻を買ってテレビのっとりが続くだろう。朝から深夜までいろいろ感動の場面が報道された。冬季オリンピックは氷や雪上競技ばかりだからスピードとともに危険を伴う競技が多い。バンクーバーに来て練習中に死亡した選手もいた。本番で大怪我した選手もいた。万全の安全対策と天候にも左右されるだけに運営側の気の使いようも大変だろうと思う。また、日常茶飯事に見る種目も少ないので、「へえ、こんな競技もあるんだな」と初めてみる種目にも目を見張った。日本が獲得した最後のメダルであるスピードスケートのパシュート(団体追い抜き)も珍しいなあと思ったら前回のトリノ五輪から採用されたとのことである。1チーム三人の選手が先頭を交代しながら滑り相手チームと競う。女子は2400メートルで最後尾の選手のゴールしたタイムが早い方が勝ちというゲーム。前回は知らなかったので今回は興味を持って見た。決勝に進出した日本女子チームはドイツと金メダルを争い、なんと100分の2秒差で銀メダルだった。100分の2秒差なんてどんな「差」だ。見た目にはまったく分らない。まばたきよりも短い「時間」なのだろう。距離にして25cmぐらいだそうで、スケート靴の長さだという。「もう少し足が長かったらなぁと思った」という日本選手もいた。タイムの掲示板を見て「悔しい思い」で呆然とする日本チームだったががっくりする必要はない。よくやったあと感動した。日本チームにはスピードスケート史上最年少15歳の中学生、高木美帆選手も一員であったが競技は三人なので出場できなかった。だからルールで彼女にはメダルも渡されなかったが、終了後の競技会場で三人のメダルを彼女の胸にかけてあげ4人で会場を歩く新聞の写真を見て癒された気分になった。先輩選手の若い選手に対する暖かい思いやりを感じたのである。おそらく次のソチ五輪をめざすであろう高木選手にとって決意を新たにするだろうと…。それはさておきスポーツの世界はルールがはっきりし、科学の目というか写真判定というもので「100分の2秒」差でも瞬時に判定されるから公明正大である。そこでフト思ったのは「政治家の世界でもこんな明確なルールが採用されればいいのになぁ」と言うことだ。政策のちがいとかでは無理があるとしても、一番取り入れてほしいのが政治資金をめぐる規制のルールである。例えば国会議員の政治資金疑惑で秘書が起訴されたらその議員は即刻「失格」とするルールがあれば分りやすい。あるいは疑惑があきらかになれば国会で参考人や証人で呼び徹底解明するルールも。その際、現行のように各党で「呼ぶか、呼ばないか」を議論するのであれば人数の多い政党は数の横暴で否決するから、与野党にかかわらず「無条件で招致する」ルールでなければならない。あの疑惑だらけの小沢一郎なんかは会見で「どこででも説明しますよ」とか言いながら参考人招致には応じない。「ア~」、「イ~」、「ウ~」とかおよそ政治家らしからぬ下手糞会見で言い訳し、地方に行脚しては身内ばかりの会合で「エ~不起訴になりまして、オ~潔白です」で「説明」したと思っているのだ。そもそも政治資金規正法は問題が起きるたびに「改定」してきたが、法を作る政治家自身の身にかかわる法律だから、「改定」のたびに必ず「抜け穴」をしっかり入れる。だからスポーツの世界ほど「秒」どころか「分」単位にもならないルールしかつくらないのである。例え1円のカネでも政治資金報告で不正が発見されれば、これも即刻「失格」として辞職してもらうルールも必要だろう。金額によって情状酌量したり、「不正」がわかったら陳謝して「訂正」すれば済むというようなアマ~イ法律だからいつまで立っても「政治とカネ」問題はあとを絶たないのである。「100分の2秒」も不正を生まない法律が国会議員にこそ必要であり、オリンピック精神を学べと言いたい。まあ金権議員が幅を利かす現在では実現はとても無理だろうけどねえ。

|

« トヨタ問題はメイドインジャパンの信頼を損なう | トップページ | 特定政党支持を押し付けた北教組の誤り »