« ビラ配布、されど大きな意義もつ判決 | トップページ | 「新党」どころか、古臭い自民政治の復活だ »

2010年4月 3日 (土)

自民党議員、前代未聞の大恥や離党騒ぎ

 野党に転落して「夢」も「希望」も失ったのか、自民党の大臣経験者が前代未聞の恥ずかしい行為を行なって即刻議員辞職した。若林正俊元農水相だ。先月31日の参院本会議での議案に賛成か、反対かを意思表示する投票ボタンを臨席の青木幹雄参院議員が席を外していたため青木氏の分までボタンを押したという「偽装」投票である。議事の賛否を問う投票方法はいくつか種類があって、衆院には採用されていないが参院では名札を立てたらそこに表決のボタンがあり、ボタン投票も行なわれる場合がある。国会議員が議案の表決に参加することは、憲法に守られた表決権の行使であり、国民の負託に答える最も崇高な仕事である。その大事な時間帯にどんな理由かしらないが席を外していた青木氏も国会を軽視したそしりは免れない。名札を立てれば出席していると通知されるが本人が議席にいるかどうかは確認されないと言う。若林氏は合計10回も青木氏の席に乗り出してボタンを押したと言うのだから驚き桃の木だ。その姿は写真にまで撮られていた。1回や2回ならいざ知らず10回もやると言うことは青木氏が依頼して席を外したとも見受けられるが、当人は「想像もできないことだ」と投票依頼は否定したと言う。「自民党の機関紙」と揶揄される「産経新聞」の「主張」でさえ、「今回の問題は野党転落後、党内対立を続け、支持低迷から抜け出せない自民党の現状と無関係とは言い切れない」と手厳しい。会見で若林氏は「魔が差した」と言ったようだが、1回なら「魔が差した」のは分らないことではないが10回もやると言うのは「魔」どころか「確信犯」に近いのではないか。「従来、そのようなことをやったことはない」と釈明していると言うがいかにも怪しいものである。まがりなりにも「大臣経験者」というベテランが「表決」という崇高な行為で偽装を繰り返したというのは、参議院はもちろん、国会の権威と品格を汚し、なめている行為としか思えない。議員辞職は当然である。そして今日のネットニュースでは「与謝野馨元財務相が離党届提出」と。多分出て行くであろうと思われていた人物だが、なにやら新党を作って「第3極」を狙うらしい。自民党もあいつぐ離党騒ぎである。谷垣総裁も求心力を失いもはや自民党も満身創痍である。党内だけでなく医師会や農林漁業団体など有力な支持母体も自民党離れが相次いでいる。前にも書いたけどまさに自民党は「賞味期限切れ」が加速している。一方の民主党も豪腕幹事長の独裁的な党運営にたいし不満がくすぶり、期待の高かった政治「改革」は逆走につぐ逆走で国民の支持が急速に衰え、二大政党は形無しという体たらくである。先に引用した「産経」の「主張」の最後には、「民主党も一斉に若林議員を非難しているが、自浄能力を果たさず国民の信を失ってきたのはどちらなのかを考えるべきだろう」と…。参院選まで3ヶ月前後、二大政党はますます混迷を深めつつある。

|

« ビラ配布、されど大きな意義もつ判決 | トップページ | 「新党」どころか、古臭い自民政治の復活だ »