« 自民党議員、前代未聞の大恥や離党騒ぎ | トップページ | 平沼新党は「日本古稀党」と命名すればピッタリ »

2010年4月 5日 (月)

「新党」どころか、古臭い自民政治の復活だ

 テレビのニュースや政治番組で自民党の離党騒ぎばかりがチャンネルを変えてもどこでもうるさいほど報道している。見たくもないほど古臭い顔ばかりが登場しているのにはうんざりだ。視聴率が下がると心配する。まだ新党の名前も決まっていないのに持ち上げるのはテレビ局が新党結成に肩入れすることにつながり公明正大ではない。せめて名前ぐらい決まってからにせよ言いたい。自民党から出て行った人、出てゆく予定の人にしても、「新党」の「新」という字が泣くくらい背中には自民党と書いて出て行くだけで、なんにも中身は変わらない。要するに参院選で自民党から離れる票の落穂拾いの役目、第2自民党に過ぎない。これまで離党騒ぎを起こしている連中の中心、与謝野氏、鳩山(邦)氏は麻生政権の閣僚だった輩だ。いっしょになりたいという園田氏は前の幹事長代理だった。けったいなのは平沼氏で郵政民営化に反対して出て行ったのに今度は与謝野氏にくっつくと言う。郵政問題も再燃し、亀井大臣のゴリ押しで、郵政事業の全国一律サービスという国民の願いなどそっちのけで、さらに利潤第一の機関にされようとしているが、平沼氏はどう対応するのか? 自民党から離党はしたがいまだに「一人旅」の鳩山(邦)氏、誰も相手にしてくれないのだろう。それも理解できる。この人はなんと政党を温泉のように出たり入ったりと無所属も含めて、新自由クラブ、自民、新進、旧民主などなど9回も出入りした渡り鳥、イヤ浮気鳥の最たるものである。さすがに兄とよく似て、なかなかの迷走ぶりである。まあ、日本の政党で共産党と公明党以外の政治家は2度や3度は渡り鳥をしているのはワンサカといる。それほどグチャグチャなのであるというか、政治理念や信条もなく、自分が当選するための都合ばかりを考えて、国民のことなど眼中にないのである。今回の騒ぎの渦中の人、与謝野氏は珍しく自民党一筋に働きいくつもの大臣をやり、当選10回、71歳なのだからいいかげんに自民党の長老ぶって静かにして任期いっぱい過ごせばあと3年は大丈夫なのだ。それでも昨年の総選挙では選挙区では落選し、比例代表でかろうじて復活当選した。比例は政党名投票だから「自民党」と書いた得票で当選したのに離党するとはおかしい。それを今回はしゃしゃり出てくるにはワケがありそう。この人の持論は「最も肝心なことは、消費税率を少なくとも10%程度にまでひき上げなければならないことだ」と文芸春秋4月号で書いている。だから参議院選挙で増税派議員を作って政権与党に迫るスンポウだろう。こんな古臭い人が「新党」の顔になるのでは国民の期待も得られないだろう。「読売」の世論調査でこうした連中の「新党」に期待するかとの問いに65%は「しない」である。もう一人の平沼氏も自民党一筋で郵政民営化で無所属になったが、与謝野氏同様長年の自民党政治による悪政を推進してきた「大物」の一人。侵略戦争を美化し肯定するあの「靖国神社」を崇め奉る議員の筆頭格であり、「自主憲法制定」(HP)を謳い、憲法改悪を旗印にする。こういう人が「顔」になる新党では所詮「古い古い」自民党政治の悪臭をばらまくだけだから、看板だけ変えて中身は第2自民党そのものである。メディアが持ち上げる「みんなの党」も自民党を離党した渡辺代表は、れっきとした小泉構造改革をもっと進めようと言う人物である。まさに貧困と格差を広げた構造改革に惚れているのだから、この党が伸びても政治は逆走しても前に進むことはない。自民党という政党には「反省」という言葉がない。そういう政党を長らく経験してきた輩が作る「新党」にはなにも目新しいものはなく、あるのはすでに退場願った古臭い自民党政治の復活だけである。

|

« 自民党議員、前代未聞の大恥や離党騒ぎ | トップページ | 平沼新党は「日本古稀党」と命名すればピッタリ »