« 今こそ憲法を守り、生かす政治が求められる | トップページ | 「きれいな海」と言いつつ杭打ちで海壊す鳩山首相 »

2010年5月 5日 (水)

鳩山首相の公約破りは詐欺師に等しい

 関西地方で放映するテレビで、「クルクル、クルクル、リサイクル」と若い3人娘が着物姿で踊る百貨店のCMがある。これにあやかれば昨日の鳩山首相の沖縄訪問劇は「クルクル、クルクル、クルリンコ」と、いとも簡単に沖縄県民と約束したことをゴミ箱に投げ捨てた。普天間問題だけではない。後期高齢者医療制度の「廃止」も、労働者の使い捨て法である労働者派遣法の「見直し」だって抜け穴だらけ。自身の「故人献金」も使途を明らかにすると言いながら、どれもこれも「クルクル」と巻いてゴミ箱行きにした。この人の頭脳はいったいどんな脳をしているのか見てみたいものだ。「『国外・県外』移設」「最低でも県外へ」と総選挙前の沖縄での演説で公約し、「私を信じて」とか「腹案がある」「職を賭す覚悟で」と期待を持たせながら、トドの詰まりは自民・公明政権が決めた元の木阿弥に近い辺野古沖合いと、徳之島に一部移設案を提示しただけだった。自公政権が言った辺野古「沿岸」ではなく「沖合い」と、徳之島へ一部というところだけが違う。だが、徳之島も3町長ともきっぱり拒否姿勢だから移せるわけがない。結局、沖縄県内たらい回しだ。その上で曰く「国外・県外と言ったのは民主党の考えではなく。私自身の代表としての発言だ」との言葉には驚きを通り越してしまった。「国外・県外」云々は総選挙前だから首相ではなく民主党の党首としての発言である。テレビ局の映像も何度も放映されたからVTRは残っている。たしかに民主党のマニフェストにはその文言の記載はない。だが、末端の党員ならいざ知らず、れっきとした民主党の党首なのだ。党首が述べるのは公約ではないのか!だったら選挙は何のためにあり、国民がどの党を選ぶかと言うときに政党の誰の話を聞いて選択するのか。党の考えと違うことを言うような人を党首として選んだのか民主党は?…「腹案がある」という言葉にはわたしの知り合いで「普天間基地は撤去しかない」と主張する人でさえ、「ひょっとして鳩山さんは『腹案』と言っているのだから最後は『撤去』でアメリカと交渉するのでは」と騙されかけていた。今日の某新聞にはある作家が「『腹案がある』などと言って、沖縄県民の期待感を高めたのに落胆させたのはもはや犯罪行為に近い」とまで言っている。まったくその通りで言葉の魔術でうそをついて多くの票を取り込んだのだからこれは犯罪であり、まるで“詐欺師”だねえ。昨日、鳩山首相がいる目の前で「恥を知れ」と罵声がとんでいたが、ほんとに「恥を知れ、首相も民主党も」と言いたい。基地を置いているのはアメリカなのだから引き取ってもらう交渉をなぜやらないのか。そこで出てくるのが例によって「抑止力」論だ。「学べば学ぶほど沖縄の米軍の存在全体の中での海兵隊の役割を考えたとき、すべて連携している。その中で抑止力が維持できるという思いに至った」と首相。いったい何を「学んで」いるのか!学ぶのだったら「沖縄が占領下27年、復帰後も在日米軍基地の74%も沖縄に集中し、どんな被害を蒙っているのかを学べ!」と言いたい。普天間基地は終戦とともに住民を収容所に閉じ込めて米軍の銃剣と鉄条網で囲って奪われたことは、国会討論で赤嶺議員(共産党)から切々と聞いて首相も認めただろう。1952年から2008年まででも1084人の日本人の命が米軍の起こす事件や事故で奪われたことは防衛省の資料にあるだろう。婦女暴行、強盗、ひき逃げ、交通事故など事件・事故の総数は21万件にのぼることも。(これには本土復帰前の沖縄の分は含んでいない)。しかも地位協定17条で米軍の特権があり、公務中の事故・事件の場合は日本に裁判権すらなく、私的に起こした事故でもほとんどが「公務中」として扱われる。損害賠償だって執拗に要求した人は日本が肩代わりしているが、ほとんどは泣き寝入り。最近、地位協定には「不公正な裁判の危険性があると判断した場合、外交チャンネルを通じて裁判権放棄をアメリカ国防総省が要請する」という密約があったこともあきらかになった。米兵の受刑者待遇でも日本人と区別され、ステーキやデザートなどの特別食も出され、シャワーや暖房施設の配慮などの密約もあると言う。首相が惚れこんだ海兵隊とは俗称ヤクザ部隊、殴りこみ部隊で日本を守るのではなく、日本の基地から古くはベトナム戦争から湾岸戦争、イラク、アフガンや紛争地へ出動した先制攻撃部隊であることは前にも何回か書いた。これでは相手国がその気になれば沖縄や日本の基地を攻撃する権利だってあるわけだ。なにが「抑止力」か!首相の「学ぶ」立場とはアメリカの立場に完全に取り込まれている。いっそ退陣してホワイトハウスで仕事するのが適しているのかも…。

|

« 今こそ憲法を守り、生かす政治が求められる | トップページ | 「きれいな海」と言いつつ杭打ちで海壊す鳩山首相 »