« 自民・民主・新党も消費増税大合唱、その狙いは? | トップページ | アメリカだけを喜ばす主体性なき鳩山首相にうんざり »

2010年5月23日 (日)

普天間問題で米国にモノが言える党、言えない党は?

 恥知らずな鳩山首相、本日ふたたび沖縄を訪問して、普天間基地の移設先を自民・公明政権が決めた辺野古のキャンプ・シュワブ付近にすると、初めて県知事に正式に伝えた。「最低でも県外」と公約して迷惑をかけたことをお詫びするとも言った。「断腸の思いである」などと言うけれど全く「断腸」どころか文書を読み上げるだけで誠意も誠実さも感じられない白々しさであった。元首相のマゴにふさわしいボンボン的でさえある。海兵隊は日本を守る抑止力との呪縛を前面に沖縄県内に移設するしかないという理由のひとつに、最近起きた韓国の哨戒艦沈没が北朝鮮の魚雷であると韓国が発表したことを良いことに「朝鮮半島の情勢」という言葉も操った。「最低でも県外」と公約したのは去年の話なのに、まるで助け舟のように北朝鮮が韓国艦撃沈事件を起こしてくれたといわんばかりに利用するあたりは自民党そっくりである。また、沖縄の基地負担軽減のために米軍の訓練を県外に移転する、そのために全国知事会でお願いするとも語った。何度も公約を破ったウソツキがまたぞろとりつくろいの公約を述べたところで沖縄県民の誰が信じるだろうか。そんなことを言ったって、いったいいつまで「鳩山首相」が存続するか怪しいものである。鳩山氏に変わる後継首班が誕生すれば、「あれは鳩山さんが個人的に言ったことだ。わたしは言っていない」と逃げれば済むことになる。「最低でも県外」の公約は「民主党の公約ではない。党の代表として発言したことだ」と、前回訪沖したときに世にも不思議な型破り発言し、現在の閣僚たちでさえもともと辺野古案賛成派もいる。「首相が発言したことは首相でケリをつけろ」というほど民主党政権というのはもはやバラバラ政権である。連立を組む社民党の党首が昨日のテレビ番組で「県内移設ならわたしはサインしない」とか言ったが、サインどころかそんな場も与えられず本人がトットと自衛隊機で飛んで行って沖縄県知事と会談するのだから社民党もカタナシである。テレビでは他人の言葉を遮ってでもおしゃべりする党首であるがまるで舐められているというか、無視されている姿は哀れでさえある。結局、鳩山首相は誰に顔を向けたかといえば沖縄でもなく、連立を組む「仲間」でもなく、ひたすらアメリカ一辺倒だったということである。奪い取られた土地なのにアメリカにはなんにも言えないへっぴり腰。挙句の果てには自公政権が決めた辺野古へ舞い戻り。だから基地問題は自公・はもちろん、民主、社民、国民新の各党もみんな語る資格さえないということを証明した。それに引き換え、日本共産党の志位委員長は、9日間もかけて訪米し、いま国連で行なわれている核不拡散条約(NPT)再検討会議で国連関係者や各国の政府代表者などと「核兵器のない世界」めざす活動と、沖縄問題をめぐって米国政府に「普天間基地の無条件撤去」という政党としての見解をきっぱり伝えている野党外交はすばらしい。米国にたいして日本国民、とりわけ沖縄県民の声を外交的節度を保ちつつ、党の態度を伝えたことは感動を呼ぶものである。(志位委員長の「アメリカ訪問、報告会」の模様はインターネット通信で「JCP」ホームページから5月31日まで受信できる。前半はNPT関連、後半は沖縄問題の2編がある) 本来は政府がやるべきことを野党である共産党が核廃絶という地球的規模の問題と、日本で焦眉の課題になっている日米関係について活動したことを、ネット通信で聞いて身震いした。自・公も、民・国・社も出来ない活動をつぶさに聞いて、いよいよこの党を参院選でも衆院選でも大きく伸ばさないと日本の将来展望は開けないことを確信した。志位委員長のネット通信は前半、後半あわせて2時間余であるが、関心ある方は「JCP」ホームページからだれでも見ることができるのでぜひおすすめしたい。(5月31日までとのことである。念のため)

|

« 自民・民主・新党も消費増税大合唱、その狙いは? | トップページ | アメリカだけを喜ばす主体性なき鳩山首相にうんざり »